どんなに確信のあるアイデアでも「現実にやってみたら通用しなかった」ということは起業では当たり前に起こります。ですからある程度頭で考えたら「小さく速く実験して現実から学び、軌道修正しながらビジネスを育てる」ことがとても重要です。

しかし実際にやろうとすると多くのハードルに直面します。そして起業の前進が止まってしまうか、実験を省略して最初から完成されたサービス開発に走りがちです(当然、後で大変なことになります)。
・何を確認するのか?
・どのくらい小さければ良いのか?
・どんな実験をすればよいのか?
・自分だけで実行できるのだろうか?
・今の会社は副業を禁止しているから目立つことはできない

このトレーニングではこのハードルを乗り越えるための実践練習を行います。

※このトレーニングコンテンツは現在準備中です